印刷マニアック

PP加工とニス加工の違い メリット・デメリットを詳しく解説します

PP加工とニス加工はこんなにも違う

表面加工の必要性

印刷業界の人なら1度は耳にしたことがある「PP加工」と「ニス加工」 ー なんとなーくわかるという人は多いはずです。そんな人はこちらを読んで違いが分かるチャンスです。

どちらも印刷後に行う加工(コーティング)で、表面加工の代表です。そもそも、なぜ印刷物にPP加工やニス加工といった表面加工が必要なのでしょうか? 表面加工することで:①インクの色落ちを防ぐ;②紙の強度をあげる;③質感を出し見栄えをよくする;④防水性・耐磨性を上げるなどの効果があるからです。

とてもよく似ている2つの加工、どちらを選んだらいいのか? 違いは何?と悩んだことはありませんか? 特長を表にまとめてみました。

選び方のポイント

どちらを選べばいいかは以下のポイントで考えてみてください。

  • 耐久性
  • デザイン演出を行いたいか
  • 納期とコスト

とはいっても印刷の仕事は、目に見えないトラブルという「落とし穴」の連続です。加工後の色の変化、どちらが最適かなど、そんなお悩みは実績多数! 印刷のプロ! 富沢印刷にぜひご相談ください。


余談… あくまで私感ですが、業界人はマット系、業界外はグロス系を好む傾向多いと思うのですが、いかがですか?

お問い合わせフォームはこちらから

関連記事

MANIAC印刷マニアック

最近の記事
ぎぞらーず
  1. ナンバリング印刷 その2 - ほとんどの印刷人が知らないナンバリングの重要性

  2. POPの有効活用例〜ターゲットに刺さる販促物〜

  3. お客様の目に留まる等身大パネルの製造工程

  4. オンデマンド印刷最大の強み!バリアブル印刷!

  5. 模造品、海賊版・・・増え続ける偽造被害の実態と対策!

  6. ナンバリング印刷 その1 ー ナンバリング印刷で施す偽造防止

  1. ナンバリング印刷 その2 - ほとんどの印刷人が知らないナンバリングの重要性

  2. 模造品、海賊版・・・増え続ける偽造被害の実態と対策!

  3. ナンバリング印刷 その1 ー ナンバリング印刷で施す偽造防止

TOP