MANIAC最新記事

印刷業界に来たばかりで専門知識が全くない!という方のために
業界のマニアックな知識を紹介していく「印刷マニアック」。
月1ペースで更新中です。

今さら聞けない「紙の目」の話 T目・Y目を簡単解説(永久保存版)

紙の目とは?皆さま、印刷用紙には「紙の目 」があるのはご存知ですよね。紙を漉く(すく)ときに生じる縦方向、製造過程で紙が流れていく方向のすき目のことで、紙の繊維の方向であり、「流れ目」ともいいます。紙の流れ目縦目の紙また、紙の長辺が流れ目に平行の紙を「縦目」の紙とい

POPの有効活用例〜ターゲットに刺さる販促物〜

そもそもPOPとは購入時点広告と呼ばれている店頭や店内に設置される製品まわりの販促ツールのことを言います。消費者の最終的な購買決定に直接訴求する手法ですので、販売プロモーションに欠かせないツールです。POP×バリアブル目的やターゲットを明確にすることで販売促進に効果が期待で

お客様の目に留まる等身大パネルの製造工程

店頭販促や企業の宣伝イベント、映画館やCDショップ、書店、大型量販店などで、自分と同じくらいの大きさのパネルを見たことはありませんか?あまりの大きさに思わず目に飛び込んでしまう等身大パネル。それこそが等身大である意味なのです数多の視線を引きつけるそれは、大きなインパクトで訪れたお客様へバッチリ宣伝

模造品、海賊版・・・増え続ける偽造被害の実態と対策!

増え続ける偽造被害偽造被害に於いては通貨や紙幣における偽造だけでなく、今や全ての商品、知的財産などへの模造品、海賊版という被害が世界的に増え続けている。2016年4月18日付OECD(経済協力開発機構)プレリリースによると、2013年の世界における模造品や海賊版の流通被害総額は約50兆円と

ナンバリング印刷 その1 ー ナンバリング印刷で施す偽造防止

ナンバリング印刷ナンバリング印刷とは、印刷物に連番の数字を印刷することです。 伝票、商品券、チケット、金券、抽選券など様々なものに使われています。※連番数字ではなく任意の個別の数字の場合はバリアブル印刷になります。ナンバリング印刷の種類ナンバリング印刷はオンデマンド

印刷トラブルの一つ、ピンホールの原因と対策について

ピンホールとは?ピンホールとは、印刷トラブルの一つで、印刷面上の「針で突いたような小さな白い点」のことをいいます。※ヒッキーとよく似た現象のため混同しがちです。ヒッキーは「環状の小さな白抜きの斑点」、ピンホールは主にベタ絵柄に付きやすく一度付着すると取れない場合が多いため、場合によっては検

アフターコロナを見据えて 新しい生活様式の中、できることを一歩ずつ、確実に

新型コロナウイルス感染拡大により、日本に緊急事態宣言が発令され、世界規模で経済に甚大な被害が出ています。日本国内でも外出自粛で消費活動が急変し、とりわけ外食やサービス産業にはかつてない逆風が続いています。来るべきアフターコロナの新ステージに向けて感染防止と予防のためのツールをご紹介します。

印刷用紙の厚さは重さの単位で決まる ここさえ押さえておけばOK! 紙の斤量(きんりょう=重さ)のポイント

用紙の厚さ印刷の際、用途によって用紙の種類とその厚さも決めなければいけません。用紙が違えば料金はもちろん、印刷時のインキのノリや乾き、製本時の折りや加工などに影響します。つまり、印刷のすべての工程に関わってくる重要な項目の一つが紙の選定です。用紙の厚さは重さ(斤量)で決まる

TOP