現在、”カラー印刷”の分野では、より高度なビジュアル表現が求められています。 富沢印刷は、これまで業界水準であった175lpi(線)の壁を超え、240lpi高精細印刷をスタンダードとしてお客様に提供しております。 私たちはあえて「高精細」とは呼びません。 品質追求のための「標準化」だからです。

富沢印刷の240線 カラー印刷

高精細印刷の4つの特徴

ディテールを鮮明に再現

XMスクリーニングによる微小網点により、細部にいたるまで鮮明な表現が可能です。

質感のある表現力を発揮

シャドウからハイライトまで滑らかな階調を実現しています。ロゼッタモアレが発生しません。

彩度のアップで鮮やかな色調

彩度がアップしたことで、これまでのカラー印刷では難しいとされていた原色に近い鮮やかな色合いが再現可能です。

立体と奥行き感でリアルな迫力

シャープな再現性と深い奥行き感をカラー印刷で再現します。オブジェクトの特長を最大限に引き出します。

従来の印刷(175線)と高精細印刷(240線)の比較

175線のカラー印刷物と240線のカラー印刷物の拡大写真となります。
175線では網点が目立ちますが、240線ならばなめらかな表現が可能です。

175線カラー印刷(イメージ)

175線カラー印刷
(イメージ)

240線カラー印刷(イメージ)

240線カラー印刷
(イメージ)

Windows印刷

Windowsのデータがそのまま使えたら…。こんな話をよく耳にします。今まで印刷が難しかったWord・ExcelなどのWindowsデータを、そのままの体裁で印刷用データに変換することができます。更に、写真のような仕上りの240lpi高精細印刷が可能です。

画像補正

美しい240線カラー印刷も、印刷する画像に問題があっては台無しです。富沢印刷ではプロの技術で画像を美しく補正します。

LED-UV 菊全判5色機導入

小森コーポレーション製のLED-UV 菊全判5色機「LITHRONE G37」を導入。お客様の、さらなる高品質・ハイスピードへの要望にお応えしていきます。

LITHRONE G37

厚紙対応

短納期・小ロットに応えるKHS(コモリハイパーシステム)採用の油性5色機は、CMS(カラーマネージメントシステム)カラーバー測定により、標準印刷規格を管理しています。0.04mm〜0.6mmまでの幅広い印刷ニーズに対応し、薄紙から板紙・厚紙までに適合します。

菊前版5色機

環境対応

240lpiの標準化には、地球環境へ積極的に貢献したいとの願いもありました。当社のCTPシステムは、現像工程を完全に排除したケミカルフリーを実現しています。印刷生産活動の全行程はグリーンプリンティング(GP)認定工場として承認されており、また、2008年3月にはE3PA(環境保護印刷推進協議会)が推進する環境保護印刷基準認定制度において、最上位ステータスの「GOLDプラス」を取得しました。
印刷を通じて資源循環型社会の形成に務め、「環境にやさしい印刷」を積極的に実践しています。

品質対応

幾多のトライアウトを繰り返した結果、私たちのニーズはAGFA社の先進的な技術と合致し、同社の高精細印刷:SublimaとケミカルレスCTP:Azuraを採用するに至りました。 Sublimaは豊かな表現力でビジュアルの最大効果を引き出します。
印刷部では、4人の一級印刷技術士が確かな品質管理を行っています。その結果AGFA:SublimaPrinting Contest(高精細印刷)にて10年連続受賞を果たしました。

カラー印刷の制作事例

抗菌マスクケース「しまいマスク」

しまいマスク
はずした『マスク』は、しまいます。
それが『新しい生活様式』です。
日本全国のお客様にご愛用いただき、ついに!
2020年6月発売以来わずか3ヶ月で10万枚売上突破。
Withコロナ時代にワングレード上の『おもてなし』を提供する接客サービス業界の皆様に選ばれてマスクケース売上 業界NO.1! ※自社調べ