湿度と紙

印刷工場では工場内の湿度55%±5%を維持するよう努めている。

最大の目的は印刷品質を一定に保つためである。そしてその湿度の変化により一番影響を受け一定の品質を乱すのが「紙(印刷用紙)」である。

どんな影響を与えるかを簡潔に説明すると、湿度が高いと紙は波打ち始め、シワが発生したり給紙不良が起こる。逆に湿度が低いと紙の四隅が反ってきて給紙不良がおこる。また静電気も湿度が低いことで発生しやすくなる。実際に紙の波打ちや四隅の反りというのが起きる理由は

波打ち=湿度が高い為に紙が空気中の水分を吸い込むから。

反 り=湿度が低い為に乾燥により紙が空気中に水分を放出するから。

である。

これらを防ぐために湿度管理だけでなく色々な対策が徹底されている。具体的には紙(印刷用紙)を「常に外気に触れないようにする」「印刷寸前までワンプ(調湿の包装紙)を剥かない」「裸のまま放置しない」「ラップを巻く」「なるべく早めに印刷工場内に置く」等である。

このように「温度」同様「湿度」の管理というのは印刷工場において大変重要な要素なのである。(因みに、冬場の静電気は印刷工場において最大の難敵であると個人的に思っている・・・)

抗菌マスクケース「しまいマスク」

しまいマスク
はずした『マスク』は、しまいます。
それが『新しい生活様式』です。
日本全国のお客様にご愛用いただき
ついに!累計販売数100万枚突破!
Withコロナ時代にワングレード上の『おもてなし』を提供する接客サービス業界の皆様に選ばれてマスクケース売上 業界NO.1! ※自社調べ