外したマスクの保管には抗菌マスクケースが最適

   

はてな?

「食事の時等、外したマスクをどう保管すればいいの?
   自分はもちろん、周りの人への感染の配慮をきちんとしたい・・・」

こういったお悩みに富沢印刷から提案があります!

✔本記事の内容

  • マスクの保管は抗菌マスクケースが最適
  • マスクケースを使用することで自分だけでなくまわりにも感染の配慮ができる

  

この記事を書いている富沢印刷は感染症対策に配慮し「抗菌マスクケース」「ソーシャルディスタンスシール」「飛沫防止パーテーション」等の対策製品を提供し様々なお客様にご評価頂いております。また、当社オリジナル抗菌マスクケース「しまいマスク」が各種メディアに取り上げられました。

     

 外したマスクの保管には抗菌マスクケースが最適

マスクの置き場に困る(食事)

食事の時など一時的にマスクを外したときの保管には抗菌マスクケースをオススメしています。

2020年10月21日、東京大学医科学研究所の河岡教授らのグループから、新型コロナウィルスの空気伝播におけるマスクの防御効果とマスクの適切な使用法の重要性を明らかにした研究成果が公表されました。

https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00042.html

適切にマスク着用を行えば、感染防御効果が期待できるという報告です。

このことから、適切にマスクを着用するためには一時的に外したマスクの保管方法が重要です。

以前、ポケットに無造作にしまって形が崩れてしまった経験がありますが、その後隙間のない適切な着用はやはり難しかったです。

「マスクの形状を崩さないようにしまえば何でもいいんでしょ?」という疑問が聞こえてきそうですが、基本的にはOKです。ただ一つ注意点があります。

それは外したマスクに菌がついてしまう可能性があるということです。

感染症ウィルスだけでなくヒトに病気を起こすことがある細菌として、大腸菌、黄色ブドウ球菌などが知られています。外したマスクから菌をもらってしまった、なんてことになったら本末転倒です。

確実に防げるわけではありませんが、菌の増殖を抑制する効果がある抗菌加工されたマスクケースというものがありますので外したマスクの保管には「抗菌マスクケース」が最適だと思います。

      

マスクケースを使用することで周りにも感染の配慮ができる

アフターコロナを見据えて

マスクケースを使用して周りにも感染の配慮をしよう。

抗菌マスクケースを使用すれば一時的に外したマスクを清潔に保つことができます。

「他人に感染を拡めない」というのがとても重要です。

まだまだ、知らぬ間に感染拡大・・・感染経路辿れず・・・こんなニュースが後を絶たない現状です。

確かに、完全に防ぐということは難しいと思います。それでも「新しい生活様式」のなかで今、私たちにできることを一歩ずつ、確実に。

外したマスクの保管には抗菌マスクケースを使用して自分だけでなく周りにも感染の配慮をしましょう。

            

まとめ

適切なマスクの着用だけでなく、外したマスクの保管方法も重要

外したマスクの保管には抗菌マスクケースが最適

マスクケースを使用することで自分だけじゃなく周りへの配慮もできる

いかがでしたでしょうか?

近頃は飲食店や結婚式場、歯医者さんなどでマスクケースをご用意してくれているのを見かけます。

マスクケースの重要性が認知されてきているんだと思います。

当社でもオリジナル抗菌マスクケース「しまいマスク」を販売しています。

「しまいマスク」について詳しく知りたいかたは下のリンクをクリック!