PP加工とニス加工の違い

印刷業界の人なら1度は耳にしたことがある“PP加工”“ニス加工”。

なんとなーくわかるという人は多いはず。そんな人はこれを見て違いを明確に!!

どちらも印刷後に行う加工(コーティング)で、表面加工の代表です。

そもそもなぜ印刷物にPP加工やニス加工といった表面加工が必要なのか?

表面加工することで①インクの色落ちを防ぐ②紙の強度をあげる③質感を出し見栄えをよくする④防水性・耐磨性を上げるなどの効果があります。

とてもよく似ている2つの加工。どちらを選んだらいいの?違いは何?と悩んだことはありませんか?

特徴を表にまとめてみました。

どちらを選べばいいかは下記のポイントで考えてみてください。

  • 耐久性
  • デザイン演出を行いたいか
  • 納期とコスト

とはいっても印刷の仕事は、目に見えないトラブルという「落とし穴」の連続です。

加工後の色の事、どちらが最適か等そんなお悩みは

実績多数!印刷のプロ!富沢印刷にぜひご相談ください。

余談・・・・

あくまで私感ですが

業界人はマット系、業界外はグロス系を好む傾向多い…


抗菌マスクケース「しまいマスク」

しまいマスク
はずした『マスク』は、しまいます。
それが『新しい生活様式』です。
日本全国のお客様にご愛用いただき
ついに!累計販売数100万枚突破!
Withコロナ時代にワングレード上の『おもてなし』を提供する接客サービス業界の皆様に選ばれてマスクケース売上 業界NO.1! ※自社調べ