よくわかる感圧紙の仕組み

感圧紙と聞いてピン!とくる方はいらっしゃるでしょうか?

複写伝票などに使われている複写できる紙のことです。

感圧紙はカーボンを使わないためノーカーボン紙とも呼ばれております。

感圧紙は「上用紙」「中用紙」「下用紙」の3種類に分かれていて、複写枚数によりそれぞれ使い分けています。

それぞれ「顕色剤」と無色インクが入っている「カプセル」の付き方が違っています。

発色する仕組みとしては、書いた筆圧で裏側のカプセルが潰れ中の無色インクがはじけます。無色インクと表面に塗ってある顕色剤が化学反応を起こし、発色する仕組みになっています。

例えば2枚複写にするときは上用紙と中用紙、4枚複写にする場合は上用紙、中用紙、中用紙、下用紙というように組み合わせます。

複写される色は一般的に青発色が多く利用されていますが、黒発色もあります。

ここは複写されたくない!という箇所があるときは減感インキをつかい印刷する「減感処理」をすると複写されずに保てます。減感処理は特殊な溶液(減感インキ)を複写したくない箇所に印刷することで、化学反応が起こるのを防ぐことができます。

複写伝票などでお困りの方は、0d4G1I21にお任せ!ご相談いつでも承っております。

2022年(寅年)年賀状受付開始!

2022年賀状デザインカタログ
2021年は感染症の流行で、働き方や日常生活が大きく変化せざるを得なかった年となりました。心穏やかに過ごせなかったかたも多いはずです。「大切な人へ、元気を届ける」。お気に入りのデザインの寅年年賀状がきっかけで、社会が少しでも明るい年を迎えることができるかもしれませんね。送る相手の喜び、笑いに繋がるような素敵な年賀状デザインをたくさんご用意しています。