断裁加工

印刷物を製品として完成させるためには印刷したあとに加工をする工程があります。

今回は様々な工程のうちの一つ、「断裁加工」について説明します。

断裁加工とは、紙を直線に切ることを言います。

切るというとハサミやカッターを思い浮かべるかと思いますが、この場合だと断裁機という機械にセットされた大きな刃で上から切ります。包丁をイメージするとわかりやすいかもしれません。

この断裁加工は印刷物を作るにあたって、必要不可欠な工程のうちの一つです。

通常、印刷はA4のチラシを1万枚作成する場合、A4の紙に1万枚印刷するのではなく、全紙と呼ばれる大きい紙にA4を4面つけて1250枚印刷します。

そのため、断裁でA4に仕上げる断裁加工が必要になります。

菊全判サイズの用紙に8面付けした画像

では実際どのように断裁するのか?

前回の印刷マニアックの「印刷代のおはなし」でもあったA4サイズのチラシを例として説明していきます。

A4サイズのチラシを印刷する場合は全判の紙に8枚分(8面)付いています。

菊全判サイズの用紙に8面付けした画像

まずは紙を揃えて

紙揃え機でそろえているところ

揃えた紙を断裁機にセットしてまずは真ん中を断裁します。

断裁の様子

そこから製本上必要だった余白を切っていきます。

今回だと水色の部分です。

同じく断裁機で切り落とします。

断裁する瞬間

最終的にすべての余白を切り落とすとお客様のご要望にそった製品が仕上がります。

チラシの束

こうして出来上がった製品ですが、ずっとキレイに仕上げるにもメンテナンスが必要です。

断裁機の刃も包丁やカッターと同じように使っていくと切れ味が落ちていきます。

切れ味が落ちるとどんな支障が出るかというと、断裁の際に抵抗力が大きくなり押し切っていく感じになります。そうすると断裁面がギザギザしてしまい綺麗に切れません。

断裁断面図

他にも問題があり、一度に1000枚の紙を重ねて切るとします。刃の状態が悪いと紙が真っ直ぐ切れず、1枚目と1000枚目ではコンマ数ミリのズレが発生し、仕上がりサイズが変わってしまうのです。

なので刃の切れ味が落ちてきたら新しい刃と交換します。

切る紙の種類にも寄りますが弊社では2,000~3,000回ほど断裁したら交換しています。(約2日~5日)

富沢印刷の公式YouTubeチャンネルで断裁加工についての説明動画をアップしているのでこちらも合わせてご覧ください。

お問い合わせはこちらまで。