基本の「き」デザインの4大原則って何?

デザインとは、見た目の美しさも必要ですが、「情報を適切に伝える」ことが大事です。

「デザインの4大原則」は、画像や文字などを単純に並べただけでは伝えきれない情報を

ユーザーにわかりやすく伝えることができる便利な法則です。

1. 近接 (Proximity)

2. 整列 (Alignment)

3. 反復 (Repetition)

4. 対比 (Contrast)

1. 近接〈関連する項目をグループ化〉

「近接」とは、関連のある項目をグループ化することです。

互いに関連する項目をまとめて近くに配置し、

異なるグループと距離を取ってレイアウトすると

パッと見た瞬間に情報が伝わりやすくなります。

2.整列〈関連する要素は揃えて配置〉

「整列」とは、全ての要素を意図的に、見た目を揃えて配置することです。

整列を意識すると統一性を持たせることができます。

左右のレイアウトは「右揃え」「中央揃え」「左揃え」、

上下レイアウトは「上揃え」「中央揃え」「下揃え」 にそれぞれ分けられますが、目的に合わせてチョイスしましょう。

③反復〈視覚的要素をルールに沿って繰り返す〉

「反復」とは、視覚的要素をルールに沿って繰り返し使用することで、

全体的に一貫性が生まれ読みやすいレイアウトになります。

④対比〈情報の優先度を考えて、差をつける〉

「対比」とは情報の優先度を考えて、要素をはっきりと異ならせます。

効果的にコントラストをつけることが出来れば、

重要な情報を明確に示すことができます。

今回紹介した「デザインの4大原則」を意識するだけで、情報が整理され、ユーザーに伝わりやすくなります。

さらに効果的に伝わるデザインをご希望の方は、実力派デザイナーが揃う富沢印刷まご相談、ご依頼ください。


抗菌マスクケース「しまいマスク」

しまいマスク
はずした『マスク』は、しまいます。
それが『新しい生活様式』です。
日本全国のお客様にご愛用いただき、ついに!
2020年6月発売以来わずか3ヶ月で10万枚売上突破。
Withコロナ時代にワングレード上の『おもてなし』を提供する接客サービス業界の皆様に選ばれてマスクケース売上 業界NO.1! ※自社調べ