クーポン券を作るゾウ

クーポン券には偽造防止加工が必須

金銭的価値を持つプレミアムクーポン券(商品券)には、偽造による不正使用を避けるため、偽造防止加工を施す必要があります。
富沢印刷が制作するクーポン券には様々な偽造防止加工を行えます。ここではその中から代表的な加工をご紹介します。

コピーガード印刷

もっとも安価な偽造防止加工で、コピーすると「複製」や「COPY」などの文字や複製であることを示す図版が浮かびあがることで偽造を防ぎます。
浮かび上がる文字・図版は自由に変更可能。クーポンの目的に合わせてデザインすることができます。

コピーガード印刷のイメージ
画像はイメージとなります

ホログラム加工

ホログラムホイルを使った偽造防止加工です。
ホログラムは素材自体が光を反射するため、カラーコピーやスキャニングなどによる複製は行えません。

ホログラム加工による偽造防
画像はイメージとなります

蛍光インキ印刷

オレンジやピンクの蛍光インキでクーポン券を印刷します。
蛍光色インキは通常のカラーコピー機では再現できないため複製が困難です。

蛍光インキによる偽造防止
画像はイメージとなります

バリアブル印刷との組み合わせ

クーポン券1枚ごとに異なるQRコードやナンバーを印刷して管理します。クーポン券の配布・使用状況を把握することが可能となります。
偽造による不正使用が行われた場合、どこで配布(もしくは使用)されたクーポンが偽造されたのか追跡することが可能となります。

バリアブル印刷による偽造防止