今さら聞けない「紙の目」のはなし

皆さん 紙の目 が有るのはご存知ですよね。

紙をすくときに生じる縦方向、製造過程で紙が流れていく方向のすき目のことで、紙の繊維の方向であり、「流れ目」ともいいます。

流れ目
「 紙の目 」

また、紙の長辺が流れ目に平行の紙を「縦目」の紙といい、

縦目
「 紙の目 」

長辺が流れ目と直角の紙を「横目」の紙といいます。

横目
「 紙の目 」

紙の寸法表示の方法は統一されており、「横寸法(紙幅)×縦寸法(流れ)」のように、最初に紙幅寸法を表示します。

例えば、788×1,091(mm) は長辺が流れ目に平行のため縦に流れ目がある「縦目の紙」であり、880×625(mm) は長辺が流れ目と直角ため、横に流れ目がある「横目の紙」といいます。

縦目をT目、横目をY目と表示する事が一般的です。


紙の目の見分け方もご紹介しておきます。

紙の目の見分け方「 紙の目 」
  • 紙を破ってみて比較的抵抗なく、ほぼ真っ直ぐに破れるほうが紙の流れ目で、破れ口からは繊維があまり飛び出して見えません。
  • 一方、抵抗があり真っ直ぐに破れにくく曲がって破れ、破れ口からは毛羽だちが多く見えるほうが横目です。
  • 紙の目に沿って折るときれいに折れますが、目に直角の方向には折れにくいので、折り目を比べると解ります。
  • 真四角の紙を手で持って垂らし、だらりとしているほうが流れ目です。
「 紙の目 」

冊子・ちらし・包装紙・紙袋などなど、印刷物にはそれぞれ適した紙の目が存在します。例えば、ハガキ・名刺は長い方に目がくるようT目仕上がりにすると折れにくくなります。

ひとつ間違えると、「刷直し」という印刷人として最も恐ろしい結果が待ち受けている紙の目。

紙の目に迷ったら、富沢印刷まで何なりとご相談ください。