一言コラム

2018年7月

1. 今月の一言
山崎優子のOLスイーツ日記♪♪

甘いものは別腹!ではなく主食がスイーツ!なくらい甘いもの好きな私が今回ご紹介するのはシュークリームで有名なケーキ屋3店!

営業中でもこっそりお手軽に食べられるシュークリーム、是非ご覧ください。


1. 売り切れごめん!行列のごまシュークリーム

まず1店舗目は人形町にある「シュークリー」さんのシュークリーム。
販売開始後すぐに完売してしまう超人気商品。
1日3回の焼き上がり時間に間に合わないとおそらく買えないので行列覚悟でダッシュ!!
たっぷり入ったクリームはもちろんおいしいのですが、なんといっても皮!
モッチリとしたシュー生地とゴマの香ばしさがたまりません♪



シュークリー(Sucre-rie)
東京都中央区日本橋人形町1-5-5 焼き上がり時間:10:00 / 12:00 / 17:00 (目安)


2. 老舗洋菓子店なつかしの味

続いては赤坂見附「西洋菓子しろたえ」さんです。
食べログスイーツ百名店に選ばれた名店!
やわらかいシュー生地にカスタードクリームのみで甘めの一品
小ぶりサイズなのでペロリとイケちゃいます。
一日500個売れるとも言われる看板商品の「レアチーズケーキ」も合わせてどうぞ!

 西洋菓子しろたえ
 東京都港区赤坂4-1-4


3. これぞ王道!ジャンボシュー!

最後は東陽町「ベーカリーショップ アン」さんです。
とにかく今までのものとは比べ物にならないくらい大きくサクサクタイプの生地。
一口食べると崩壊したダムのようにクリームがあふれ出てきます。笑
それは言い過ぎですが、そのくらいたっぷり詰まったクリームが抜群♪
テラス席があるのでゆっくりご堪能ください。
あと、上にかかった粉糖でむせがちなので気を付けてください。笑


ベーカリーショップ アン
東京都江東区東陽6-3-3 ホテル イースト21東京1F

以上、私山﨑優子がおすすめするシュークリーム特集でした!
皆さんもおすすめのお店あったら教えてくださいね~



2. 今月の1冊
原田マハ(2015)『ジヴェルニーの食卓』集英社文庫



 雨がしとしと降る予定のない休日、私は何をするかというと、断固として家に立て籠もります。窓の外を一瞥するなり「よし今日は絶対外に出ないぞ」と強い決意を固め、いそいそと布団に戻るのです。ですが、「せっかくの休日なのだから外出はしたい、なんなら旅行にも行きたい。ああ海外旅行に行きたいなあ」などと自分勝手な欲求もむくむくと湧いてくる。

 そんなときにピッタリなのが『ジヴェルニーの食卓』です。

 マティス、ドガ、セザンヌ、モネの4人の印象派の画家たちの生活を覗き見る短編集で、それぞれ彼らと近しい関係にあった女性の視点から語られます。史実を基にしたフィクションですが、まるで見てきたかのようなリアルな筆致。19世紀のフランスを旅しているような錯覚に陥ります。パリの活気に満ちた空気感が、コート・ダジュールの色彩豊かな絶景が、画家たちの絵を通して伝わってくるようです。
 また、旅気分を味わうだけでなく、本を読むだけでアートやその時代背景についてもちょっと詳しくなる(ような気になる)と噂の一冊。ぜひ読みながら実際の絵を調べてみてください。あなたの休日が文化的な香りに包まれること請けあいです。
 
 余談ですが、この本に登場する、クロード・モネに焦点を当てた企画展「モネ それからの100年」が、横浜市美術館にて2018年7月より開催されます。本を読んでから展覧会に行くもよし、行ってから読むもよし、また違った視点から楽しめるかもしれません。私も足を運ぼうと思います。(営業部T)